pic034_Fotor_1215054725_Fotor.png

Welcome!

Haruka Yanagisawa / ライター&翻訳業/ 北欧、キャリア、働き方、ジェンダー、コミュニケーションなど

内向的、敏感な人(HSP)の世界

内向的、敏感な人(HSP)の世界

私には苦手なことがあります。

  • 5人以上の飲み会。

  • 長時間の会議。

  • 1週間に3回以上会食が入る。

  • 電話がちょくちょくかかってくる。あるいは、ちょくちょくかけなければならない。

  • 出張に出かけて四六時中仕事の人と一緒にいる。

  • 誰かと誰かが言い争っているのを見る。そういうメールを読む。

  • 大声で話す人。どなる人。

・・・などなど。こういうことがあると、そのときはなんとか対処しても、数日後に体調を崩したりすることがあります。

なので、職場選び・仕事選びというのはなかなか難しく、自分に合う仕事に悩み続けたのが20代であり、いまだに、悩むことが多い仕事人生であります。

* *

そんな私にとって、2013年に出会って以降、バイブルとなっている本があります。

その本のタイトルは、「Quiet -The power of introvert in a world that can't stop talking」。日本語版は「内向型人間の時代」というタイトルで出ています。


この本に出会ったきっかけは、著者スーザン・ケインのTed Talksを聞いたこと。そのトークのタイトルは、「内向的な人の秘めている力」でした。

彼女はこのトークの中で、読書が大好きだった自分の幼少期から振り返り、「社交的で活動的であることが何より評価される文化において、内向的であることは肩身が狭く、恥ずかしいとさえ感じられた」と語ります。しかし、内向的な人は世界にものすごい才能と能力をもたらしているのであり、内向性はもっと評価され奨励されてしかるべきだ、と結びます。

(トーク内容の日本語書き起こしはこちらのリンクから読めます)→https://www.ted.com/talks/susan_cain_the_power_of_introverts/transcript?language=ja

彼女のTed talks及び本は、私にとって以下3つの視点をもたらした、という意味で衝撃でした。

✓ 「私が生きている社会は、明るく社交的で自信ありげなのが良いこととされる社会なのだ」という、社会規範に関する認知

✓ 私は「グループよりも一対一の会話を好む」「ひとりでいる時間を楽しむ」といった特徴を持つ内向型人間だ、という自己に関する認知

✓ 私の居心地の悪さは社会規範との"ズレ"から来るくるものであって、"恥ずべきものではない"ではないという認知

 

このように、自己と社会への認知がガラリと変わり、私の中で、”捉え直し” が起こったのです。

本の題にもありますが、それまでは、騒がしい世界(the world that can't stop talking)の中で、静けさを求める私はときどき、疲れていました。

たとえば、強く自信たっぷりにモノを言う人に圧倒されてしまう(話している内容が正しいかどうかは別として)。早くたくさん発言する人にも圧倒されてしまう。そういう人とのやりとりで、消耗してしまう。など。

 

でもスーザン・ケインの本を読んだら、まず「自分はこういう場面ではこう感じる」という自己認知を深めることができた、その上で、「そんな自分にあう生き方・働き方」について、考えるようになりました。

* *

フィンランドのコミック「マッティは今日も憂鬱」とその続編「マッティ、旅に出る。」の2冊の翻訳を手がける過程で私は、自分がスーザン・ケインの本に出会ってからのことを何度も思い出していました。

というのも主人公マッティが感じる憂鬱、それがところどころ「内向的な人が感じる憂鬱」と重なっているように思えたからです。

* *

さらに「マッティ」シリーズを翻訳している間、私は「内向的な人」というキーワードに加えて、「HSP(Highly Sensitive Person)/ 敏感な人」というワードに出会いました。HSPというのはひと言でいえば、「とてもきめ細かいフィルターで世界に接している人」。そのため、外界から入ってくる情報量がやたらと多い。だから、人混みが苦手、大きな音が苦手、音や香りや人の感情に敏感、といった特徴があります。敏感さゆえ、社会と接する中で憂鬱を感じ取る場面も多い。逆に、美しい自然の中では心の底から喜びを感じたり、動物や植物と接するのが得意だったりします。

それは、スーザン・ケインの本に続く第二の衝撃。「そうか、自分に起こるあれこれは"敏感" さゆえのことだったのか・・・」と。

例えば仕事上、やむを得ず見た映画の中の暴力シーンが辛すぎて気分が悪くなり、数日間体調不良になるといったことがあったのですが、それもHSPなら起こりうることだ・・・と納得しました。(そもそもどんなに安っぽく作られたドラマだろうと血が流れるシーンを見ると「痛い」と思ってしまいダメです・・・)

フィンランドに行くと落ち着くのは、私に飛び込んでくる情報量がちょうどよく、たとえ都会でも街全体がうるさすぎないからなんだなと考えると、これも納得。(もちろんフィンランドを好きな理由なんて、ほかにもいっぱいいっぱいあるけれど!)

 「しん、としている。」ーそれはマッティが夢見ること。 「マッティは今日も憂鬱」 より。

「しん、としている。」ーそれはマッティが夢見ること。「マッティは今日も憂鬱」より。

* *

「内向的な人」と「敏感な人」の関係についてスーザン・ケインによれば、「敏感な人の70%は内向型で、残りの30%は長時間の「休息」が必要」だそうです。

* *

こんな風に自己認知を深めることは、自分を「正当化」することとは違います。内向型の人や敏感の人は、(その性質とは逆の人間像が良しとされる世の中で)そもそも自己肯定感が低いことが多いのです。そのためまずは、否定的でははなく、フラットに、ありのまま捉え直す、という作業が必要なのだと思います。

そしてそこから、「自分と世界との新しい向き合い」が始まるのだと思います。騒がしい世界と戦うでもなく、逃げ隠れるわけでもなく。新しく得た視点から、もう一度、自分の可能性を発見し、まだ見ぬ素晴らしさや喜びを、発見していくことができるのではないでしょうか。

スーザン・ケインの本や、「マッティ」のシリーズは、私にそんなことを教えてくれました。

 フィンランドの空港にて。大勢の人がせわしなく行き交うにぎやかなエリアを通り抜けたところに、突然出現した、静かでいかにも”フィンランド的”な空間。(白樺は、フィンランドの”国の木”だよ。)

フィンランドの空港にて。大勢の人がせわしなく行き交うにぎやかなエリアを通り抜けたところに、突然出現した、静かでいかにも”フィンランド的”な空間。(白樺は、フィンランドの”国の木”だよ。)


■HSP関連の本はいくつか出ていますが・・・

633765F3-8ECF-45B2-A2D7-910DB75E60AE.JPG

①がっつり網羅的&学術的: 「ささいなことにもすぐに「動揺」してしまうあなたへ。」(エレイン・N・アーロン著、冨田香里訳、SB文庫) 

②なじみやすい語り口で読みやすくアドバイスも身近:「鈍感な世界に生きる敏感な人たち」(イルセ・サン著、枇谷玲子訳、ディスカヴァー・トゥエンティワン)

などが私のお勧めです。

①は深掘りできますが、自分が特に”敏感な”タイミングで読むと、読んでいて辛くなってしまうことがあるかも。②は優しく寄り添ってくれる感じで、構えずに読めます。

■今まさに自分の繊細さゆえに仕事で悩んでいる、という方がいたら、まずはこちらの記事を是非読んで欲しいです。

「生き残りの要 仕事場で繊細な人が必要なワケ」(日経ウーマン)

 


「マッティ、旅に出る。」について旅先で考えた話。

「マッティ、旅に出る。」について旅先で考えた話。

個人的な、本の裏話

個人的な、本の裏話