アウトドアスキルはないけど自然好き・・・そんな私の憧れを叶えるサウナ

アウトドアスキルはないけど自然好き・・・そんな私の憧れを叶えるサウナ

フィンランドがきっかけで好きになったものはたくさんある。なかでも、

「自然のなかで過ごす気持ちよさ」「サウナの気持ちよさ」

この2つを知ったことは大きい。「あなたに出会う前と後で、私の人生は大きく変わってしまった」というものの存在が、人生にはときにあるけれど。それに似ているかも。人生の覚醒といったら大げさか。でも、それくらい。

 

今は四六時中パソコンに向き合う仕事をしながら東京で暮らしている。けれど、ふと気づくと、

「サウナサウナ・・・」と思っているし、

「木を見たい・・・緑を浴びたい・・・」と思っている。

 

しかし、私はもともとが、「家で本を読んでいるだけで幸せに週末が過ぎていく」タイプ。夏フェス、バーベキューといった誘いはすべて断り、家で静かに過ごすことを選んでしまう。だから、自然に触れたいと思ったからとて、「キャンプ!」とか「山登り!」とかを突然始めるのはちょっとハードルが高い。

「緑あふれる地方へ移住!」(あるいはフィンランドへ移住!?)も考えづらい。

東京暮らしが与えてくれる匿名性や、シングルライフの送りやすさ、文化資本の豊富さ、車を運転しなくて済む交通網、

などなどの魅力のほうが勝っているからだ。

だから今のところは、東京都内の銭湯やスパに出かけてサウナに入り、東京都内の公園や植物園に出かけて木と触れあい、それなりの日々を送っている。

 

それはそれで、こじんまりと愛しい日々なのだけれども、やっぱり、アウトドアへの憧れはある・・・。

最近は、芸人のバイきんぐ西村さんがテレビで、極寒のモンゴルの大地で薪を燃やし、羊肉を調理しているさまをみて、ますます憧れが高まった。

薪、燃やしたい。自然の中で・・・フィンランド式のサウナに・・・入りたい・・・わざわざフィンランドへ行かず、日本でも。

 

そんなことを考えながら、西村さんのツイッターに上がっている「たき火の動画」を見てふて寝する日々だった。

ところが週末、なんとなく桜を見に行った日比谷公園で、まさに私の夢を叶えるサウナに偶然出会ったのだ!!

 

トレーラーサウナ&テントサウナ

 

(個人で購入可能!)

 フィンランド製のサウナに、日本向けの改良を少しだけ加えたものだそうです。室内の木材とかは本国のもののまま。

フィンランド製のサウナに、日本向けの改良を少しだけ加えたものだそうです。室内の木材とかは本国のもののまま。

 煙突がかわいい。(これは後ろ姿で、入り口は反対側にあります)

煙突がかわいい。(これは後ろ姿で、入り口は反対側にあります)

なんでもこの日、日比谷公園では「からだにいいことWEEK」というイベントが開催中で、日本のサウナメーカーMETOS社がトレーラーサウナとテントサウナを出店(?)していたのだ。

「服着たまま入れますよ〜」

というスタッフさんの甘い言葉に誘われて、上着のトレンチコートだけ外に脱ぎ捨て、中へ・・・。

 

♨︎ ♨︎ ♨︎

 

ものすごいフィンランドサウナ感でした。

60℃の室内は、しっとりしていて、じんわりほんわり暖まっていく。

日本の銭湯・スパでは80-90℃の高温・低湿度のサウナに出会うことが非常に多く、またはなぜか女性向けには40℃くらいのびちょびちょしたミストサウナが提供されることが多い。そんな印象なのですが、私はこういう60-70℃の低め、湿度は高めのサウナが、一番好き、好きだと思う・・・!とってもリラックスします。

 

おまけに薪ストーブ式です。

パチパチと燃える薪の火にやたら興奮する私を見かねてか、

「やってみれますよ〜?」

というスタッフさんの甘い言葉(ふたたび)。専用の手袋をして薪を火の中に放り込ませていただきました。

639404E8-EAD9-413C-B670-B82ACA08ADD0.JPG

もちろん、ロウリュ(löyly:熱したサウナストーブの石の上に水をかけて蒸気を発生させること)もやりました。

4389AA49-0689-42D3-972C-0852C3AAA949.JPG

ロウリュにより、熱い蒸気が室内の上のほうから立ちこめてきて、たちまち窓がくもる。

FFA51169-7614-497D-9EFE-BB9F98E302F3.JPG

 

やっぱりサウナは自然環境のなかで入ると、断然、断然、気持ちいいね(そう、ここは日比谷公園)。

 

「いいなー!いいなー!」

とすっかり魅了された私は、一応、トレーラーサウナとテントサウナのお値段を確認して帰りました。

 

日本の住宅事情のなかで自宅にサウナを設置するよりも、こういったトレーラーサウナやテントサウナを所持して、お気に入りの自然スポットのなかに持っていって入ったほうが断然よさそう!!楽しそう!!夢、ひろがる・・・!

という気がしたのですが、実際問題、日本は、勝手にテントサウナとかトレーラーサウナを使っても良い感じなのでしょうか・・・?あれをするな、これをするなと禁止されることが多い印象だけれど。キャンプ場なら大丈夫なのかな?その辺の知識がないので分かりません。

 

しかし、なぜか購入に前向きな気持ちがしていた私は、スタッフさんに聞いてみた。

「このトレーラーサウナを個人購入した日本人は既にいるんですか・・・?」

 

回答は、「個人ではまだ・・・」とのことでした。

♨︎ ♨︎

都会の便利な暮らしに甘やかされサバイバル能力の低い私にとって、トレーラーサウナを購入して、車を運転して、良い感じの自然地帯へ到着して・・・という日がどうしたら実現するのかと考えると、なかなか、うーん、、と唸ってしまいますが、

しかし、憧れがこんな風に形になったものがある、

というのを目撃し体験できたことは良い経験でした。

 

明日からはまた、都内の銭湯、都内の公園でちんまりとサウナや緑に癒やされる生活なのでありますが。

いつか、サウナを引いて旅にでる日がこないとも限らない。我が手で豪快に薪で火をおこす日がこないとも限らない。

そう思って生きていたいものです。

 

・・・・・・あ、私は本来、日比谷公園に桜を見に来たのだった!

思い出して桜も見て帰りました。

 

***

これらの移動式サウナの詳細はメトスのホームページからどうぞ↓

http://metos.co.jp/products/sb/karvan/

「からだにいいこことWEEKEND」

<日 時> 平成30年3月24日(土)~25日(日) 10:00~16:00(25日は最終15時)
<場 所> 日比谷公園 第二花壇 大噴水 周辺

http://www.karakoto.com/weekend/

 

 テントサウナの小窓から、霞ヶ関のオフィスビルが見える。いかにも東京都千代田区。それもまた、意外と"萌え"でした。

テントサウナの小窓から、霞ヶ関のオフィスビルが見える。いかにも東京都千代田区。それもまた、意外と"萌え"でした。

講演書き起こし『マッティは今日も憂鬱』シリーズの日本語出版を通して感じたフィンランド人と日本人の共通点・相違点

講演書き起こし『マッティは今日も憂鬱』シリーズの日本語出版を通して感じたフィンランド人と日本人の共通点・相違点

Quiet & HSP -内向的、敏感な人の世界

Quiet & HSP -内向的、敏感な人の世界