pic034_Fotor_1215054725_Fotor.png

Welcome!

Haruka Yanagisawa / ライター&翻訳業/ 北欧、キャリア、働き方、ジェンダー、コミュニケーションなど

「フィンランドの幸せメソッド SISU(シス)」刊行のお知らせ

「フィンランドの幸せメソッド SISU(シス)」刊行のお知らせ

9月3日に新しい翻訳書が刊行されます。タイトルは、「フィンランドの幸せメソッド SISU(シス)」

ひとことで言うと・・・・・・読むと、心も身体も軽くなる本、ですかね。

心と身体の余分なものがすーっと浄化され(まるでフィンランドの純白の雪のように!)、同時に、どこからともなく、前向きな気持ちが沸いてくるから、摩訶不思議。

著者のカトヤ・パンツァルさんは、フィンランドに移住する前の20代〜30代前半頃は、一見幸せそうに見えながらも、終わりなきダイエットのプレッシャーとか、いろいろと背負って、モノに囲まれ、心は不安にあふれ、「うつ病」と診断されたり、ちょっと、辛かったそうです。

(今は、フィンランドに住んでいて、極寒の海で泳ぐのが好きだそうで、とても晴れやかな笑顔です↓)

ところで、「シス」とは。(「スシ?」と聞き返されることがよくあるのですが、寿司SUSHIではありません。)

「シス」(SISU)――。 フィンランドの人々のあいだに古くから受け継がれる特別な精神力、いわば「フィンランド魂」。厳しい状況で発揮されるしなやかな精神性、困難に立ち向かう勇敢さ、忍耐などを指す。

 

はて。これだけよくわからないですよね。

私自身の印象としてたとえば、「フィンランドの人たちって、どうして厳しい環境でもへこたれることがないんだろう?」って思うことがあります。「マイナス20度?そんなの、へっちゃらさ。雪遊びしようぜ」みたいな感じで。雪の日でも自転車って乗れるんだ!と思ったのが私が極寒のフィンランドに最初に降り立ったときの感想でした。笑 おおらかで、心に余裕があって。接していると、私の方にまでその波長が伝播して、おっきな自然に包まれているようなおだやかな気持ちになるんです。

そして、困難にあっても、心が折れるどころかむしろ、しなやかな強さを発揮して、伸びやかに生きている感じがする。

・・・そんな印象を抱くのですが、その秘密もどうやらフィンランド独特の精神「シス」にあったようなのです。

この本は、「シス」とは何かを紐解きながら、それを形づくるフィンランドのライフタイルを色々紹介しています。そして、日本にいながら日常に取り入れることのできるメソッドを色々教えてくれています。

たとえばフィンランドといえばサウナと森。これもやっぱり健康と幸せの秘訣みたい。それからフィンランドには、冷たい海や湖で泳ぐアイススイミングという健康法もあるのですが、それも、日本でも出来る方法に置き換えて、こうすると良いよ、というのを教えてくれています。

そんな感じで、フィンランドに行かなくても日本で今すぐ真似できるTipsが詰まった本です。

 これは私が個人的にフィンランド旅行中にたまたま撮った写真ですが、スポーティな格好でベビーカーを押しながらウォーキング運動を兼ねている感じの女性が健康的で、エネルギッシュですごくかっこよかった。これもまた、「シス」?

これは私が個人的にフィンランド旅行中にたまたま撮った写真ですが、スポーティな格好でベビーカーを押しながらウォーキング運動を兼ねている感じの女性が健康的で、エネルギッシュですごくかっこよかった。これもまた、「シス」?

私も、この本と出会い、書いてあることを実践して、よわよわなメンタルが、ちょっとずつ鍛えられ、心と身体が健やかに安定してきた・・・気がします!なんというか、どことなーく気分が良いんですよね。フィンランドの象徴「サウナ」も、いまや私の東京生活の一部に組み込まれております。

イライラや不安で心が乱れても(そういうことは、生きている以上避けられない)、この本に書いてあることを思い出して、ちょっとしたことを実行するだけで、すーっと調子が整っていきます。で、そういう生活を続けていると、自然と、私もフィンランドの人のように「シス」を身に付け、強くしなやかな心身で生きられるというわけ!きらーん!

これまでは、心が乱れたから、心でなんとかしようとしていました。つまり、落ち込んだら、「別のことを考えて、悲しいことを忘れよう」とか、辛いときは「前向きな想像をするぞ!」とか。それも一理あるのですが、それだけだと限界があるというか。この本を読んではっとしたのは、しなやかな精神をつくるためには、「泳いでみる」とか、「とにかく緑の並木道を歩いてみる」とか、そういう実際的な方法もあるんだなってこと。もちろんサウナでリラックス&デトックスも良いですよね。「脳の話だと思っていることのほとんどは、実は腸の話・・・」なんて話も飛び出して、食事の生活の大切さにも気づかされました。(でも、食事法も難しいことは何も必要なくて、とってもシンプルなの。)

 これもフィンランド旅行中に偶然とらえた、マイナス10度以下でジョギング中のお兄さん(ブレブレですみません)。以前の私はこの光景を見て「寒いのによく走れるな・・・」と思っていましたが、本書の「シス」に感化された今では、「雪の中のランニング、気持ちよさそう!!」です。こうすると身体が気持ち良いよ、っていう新しい”回路”が、私の中にできたのかもしれません。

これもフィンランド旅行中に偶然とらえた、マイナス10度以下でジョギング中のお兄さん(ブレブレですみません)。以前の私はこの光景を見て「寒いのによく走れるな・・・」と思っていましたが、本書の「シス」に感化された今では、「雪の中のランニング、気持ちよさそう!!」です。こうすると身体が気持ち良いよ、っていう新しい”回路”が、私の中にできたのかもしれません。

 

追ってweb上で試し読みも実施予定ですが、まずは発売のお知らせと見出し一覧まで。

ちなみにこの本は、世界19カ国で翻訳が決まっている。ほかの国の人たちはどう感じたのでしょうかね?それも気になるところです。


フィンランドが「幸福度ランキング世界1位」である秘訣は「SISU(シス)」。

——それは、世界が注目する「心と身体を強くする」シンプルなメソッド。


「シス」(SISU)――。 フィンランドの人々のあいだに古くから受け継がれる特別な精神力、いわば「フィンランド魂」。厳しい状況で発揮されるしなやかな精神性、困難に立ち向かう勇敢さ、忍耐などを指す。そんな「折れない心」は、日々の健やかな心身に宿るとされる。本書でサウナ・アイススイミング・森林浴、シンプルなエクササイズ・食事法・暮らし方などを通じて、「シス」を育む実践的方法を紹介。

【目次】

1・北欧へ: 気持ちの良い新生活に飛び込む

 「シス」に出会う/北欧のシンプル主義/北欧のウェルビーイング/白夜の地で/自然とのつながり

2・「シス」を探して: 「シス」のマインドセットを育てる

 「シス」は増やせる?/「シス」の起源/「シス」をめぐる研究--学力と「シス」、あきらめない子どもたち

3・冷水治療(コールドウォーター・キュア): アイススイミングでうつ、ストレス、疲れが吹き飛ぶ?

 私が冷たい海で泳げるようになるまで/さまざまな不調に効くアイススイミング/冷水健康法の歴史/冷たい水がなぜ身体にいい?/アイススイミングを使った治療 そのほかの例

4・サウナの極意: 健康と幸せをもたらす魔法のスチーム

 受け継がれてきた伝統/健康上のメリット/サウナの精神

5・ネイチャー・セラピー: 森林浴に秘められた力

 「ネイチャー・シス」/森林セラピー

6・北欧の食事法: 健康な身体をつくるシンプルで実用的なアプローチ

 食べ方はシンプルに/よく食べて痩せる/食べ物の育つ庭/コテージライフ

7・フィンランド流の子育て: 幼児期から「シス」を育む

 育児パッケージ/誕生から5歳頃/プレスクール期/小学校入学/子どもと「シス」

8・自転車と幸せの方程式

 自転車で「シス」を鍛える/自転車がもたらす恩恵/マイナス 20 度でも楽々と/みんなのエクササイズ / 心を満たす乗り物/幸せは求めるのではなく生きること

9・「身体を動かす」が薬の代わり

 悲惨な気持ちはどこから?/軽い動きも立派な運動/ながら運動/たくさん動いて健康に/「DIYシス」と運動/どこだってジムになる

10・北欧のミニマリズム: シンプルで持続可能な暮らしをつくる

 新たなアプローチ--フィンランドのデザイン哲学/デザインの民主主義/配慮した消費(コンシダード・コンサンプション)/レス・イズ・モア/セカンドハンド、中古の魅力/機能的なライフスタイルをつくる

まとめ

エピローグ

付録・アイススイミングに挑戦したい人のために/自転車にまつわる実用的ヒント/フィンランド流にサウナを楽しむには


【著者略歴】カトヤ・パンツァル(Katja Pantzar)フィンランドのライター、編集者、放送ジャーナリスト。 フィンランド生まれ。その後カナダで育ち、キャリアを積む。メディアのハードな仕事や過剰な消費生活から抜け出し、10年以上前に両親の故郷であるフィンランドへ移住。首都ヘルシンキでの暮らしを続け、1年を通して毎日海で泳ぐことを日課にしている。自らの心身に健康をもたらした「シス」をテーマにした本書(FINDING SISU)は、フィンランド国外で出版された初の著書。「生き方を見直す実践的良書」として現在19ヶ国で翻訳されるなど、大きな反響を呼んでいる。



*本書に関するPR関係のお問い合わせはこちらまで→株式会社方丈社 PR部(mitsunaga@hojosha.co.jp) 〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-32星野ビル2F 電話 03-3518-2272 FAX 03-3518-2273

 サウナで心も身体もデトックス。

サウナで心も身体もデトックス。

書き起こし『マッティは今日も憂鬱』シリーズの日本語出版を通して感じたフィンランド人と日本人の共通点・相違点

書き起こし『マッティは今日も憂鬱』シリーズの日本語出版を通して感じたフィンランド人と日本人の共通点・相違点