About

 

Haruka Yanagisawa / 柳澤はるか

やっていること:編集・ライティング・翻訳、北欧文化の研究、その他

関心:北欧文化、学び、教育、人材育成、組織開発、ジェンダー、TVドラマやお芝居やお笑い etc.

profile01.jpg

略歴:  

1985年生まれ、東京大学文学部言語文化学科を卒業。映画、IT、人材教育の分野で会社員を経験した後、フリーに転身。北欧文化を研究する傍ら、ライター・翻訳家として活動。扱うテーマは、北欧文化、コミュニケーション、ジェンダー、教育、働き方、経営、デザインなど。

執筆実績に、雑誌「AERA」、web「日経DUAL」「CAREER HACK」「日経ウーマン」「Bees&Honey Magazine」ほか。翻訳書に『マッティは今日も憂鬱』『マッティ、旅に出る』『フィンランドの幸せメソッドSISU (シス)」(方丈社)。hontoでは書評も手がける。

なぜ北欧を研究しているのか:

これまで全てのキャリアを通じて、「心の豊かさ」につながる取り組みをしてきました。人の心に豊かさをもたらすもの、充足感をもたらすものを常に追求してきました。その手段として映画や人材教育などのアプローチを試みてきましたが、20代のあるとき、「北欧」に出会いました。特にインパクトが大きかったのはフィンランド。心に余裕があり、寛大で、個々人が自分らしく生きている世界。自然とともにある暮らし。かっこいい女性たち。ワークライフバランス。自由であること。独創的であること。以来、北欧は私にとって大きなテーマになりました。

どんなふうに北欧と関わっているのか:

日本の暮らしで実践できる知恵やエッセンスを北欧諸国から抽出し、私なりにかみ砕き、日本で伝え・広めたいと思っています。その手段として、おもには執筆や翻訳があります。

北欧は素敵な国々ですが、日本から彼の地を、ただ憧れて見ているだけだと、個人的にはつまらないんです。旅行に行って気分が良くなってきても、帰ってきてから、今までと変わらぬ日常、窮屈なままだと、辛い。自分自身が日本で直面する生きづらさを解決する方法が、私には必要でした。日本には色々な「生きづらさ」「抑圧」「不自由さ」が満載ですので、そういった中でのカウンターパンチというか、少しでも、個人または社会に変化をもたらすことにつながればと思っています。


取材協力記事

北欧と関わるようになった経緯などはこちら(東大発オンラインメディア「UmeeT」の取材を受けました)


30.png

フィンランド。---"It's the country for me. (それはまるで私のための国) "